さくらのクラウド

  • Hot ideas
  • Top ideas
  • New ideas
  • My feedback
  1. ウェブアクセラレータのオリジンにVirtualhostを指定できるようにしてほしい

    現在オリジンがIPアドレスだけですが、バーチャルホストやドメインを指定できるようにしてほしい

    6 votes
    Sign in
    (thinking…)
    Sign in with: Facebook Google
    Signed in as (Sign out)

    We’ll send you updates on this idea

    0 comments  ·  ウェブアクセラレータ  ·  Flag idea as inappropriate…  ·  Admin →

    ご要望ありがとうございます。本件ですが、昨年のアップデート時にFQDNでも指定可能になっています。是非ご活用いただければと思います。

    「ウェブアクセラレータ」FQDN名でオリジンサーバが指定可能になりました。 | さくらのクラウドニュース
    https://cloud-news.sakura.ad.jp/2017/08/03/webaccelerator-add-to-fqdn/

    また、こちらの記事もご参考になるかと思います。

    ウェブアクセラレータでWordPressを無敵化!Service Temporarily Unavailable(503)エラーを出さなくする方法 | さくらのナレッジ
    https://knowledge.sakura.ad.jp/10937/

    ご要望いただき大変ありがとうございました。

  2. ウェブアクセラレータでHTTPSのみアクセス出来るようにしたい

    ウェブサイトへのアクセスをHTTPSのみにしたいが、ウェブアクセラレータを挟むと、HTTP/HTTPS両方でアクセスできてしまう。
    X-Forwarded-Protoヘッダで判断出来ますが、フロントで設定出来るととても助かります。

    4 votes
    Sign in
    (thinking…)
    Sign in with: Facebook Google
    Signed in as (Sign out)

    We’ll send you updates on this idea

    0 comments  ·  ウェブアクセラレータ  ·  Flag idea as inappropriate…  ·  Admin →
  3. In/Out両方の転送量を表示してほしい

    ウェブアクセラレータでは転送量としてIn/Out合算?と思われるトラフィックが表示されておりますが、
    キャッシュしたことにより本来オリジンが送信するはずだった転送量がどれくらい削減出来ているのかを確認したいのでIn/Outを別々に表示してほしい。
    Inのトラフィックにはブラウザーからのリクエストとオリジンからのレスポンスとの両方含まれるため、オリジンからのOutの削減量と全く同じではないですが、何割くらい削減できたかの目安としてでも確認出来たらありがたいです。

    1 vote
    Sign in
    (thinking…)
    Sign in with: Facebook Google
    Signed in as (Sign out)

    We’ll send you updates on this idea

    0 comments  ·  ウェブアクセラレータ  ·  Flag idea as inappropriate…  ·  Admin →

    ご要望ありがとうございます。
    現在、キャッシュヒット率に「転送量ベース」のチェック項目が実装されております。
    「転送量ベース」のヒット率が90%であれば、オリジンからのOutが90%削減できたことになります。

    是非ご活用ください。

  4. オリジンアクセスのUser-Agentを設定できるようにしてほしい

    静的ファイルのみをウェブアクセラレータ経由にしたいときに
    現在CloudFrontでは以下のように設定しています。

    mod_rewriteにて静的ファイルの拡張子でUAがCloudFront以外の場合はCloudFrontへ301転送
    CloudFrontの場合は転送せず実ファイルへアクセス

    これをウェブアクセラレータに変えたいのですが、UAが変えられないためアクセス元を判別できません。

    IPアドレスで判断する方法もありますが、ウェブアクセラレータのIPアドレス帯が追加された際に対応を行う必要がでてしまいます

    クライアントからのUAを通過させるか、カスタムUA(クライアントからのUA変数に識別用の追加文字を足せる、任意の文字列に出来る等)が選べる機能あれば嬉しいです

    1 vote
    Sign in
    (thinking…)
    Sign in with: Facebook Google
    Signed in as (Sign out)

    We’ll send you updates on this idea

    0 comments  ·  ウェブアクセラレータ  ·  Flag idea as inappropriate…  ·  Admin →

    2019年6月20日にオリジンガード機能を提供開始致しました。

    https://manual.sakura.ad.jp/cloud/webaccel/manual/settings-originguard.html

    オリジンガード機能は、ランダムな文字列の「オリジンガードトークン」を発行し、その値をウェブアクセラレータからオリジンサーバへのリクエストに追加します。この機能を用いることで代用が可能かと存じます。

    貴重なご意見、ありがとうございます。

  • Don't see your idea?

Feedback and Knowledge Base